スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の余韻 

8月も終わりです。
朝晩、だいぶ涼しく… なってないな。

暑い!
暑すぎる!!


暑すぎて、クロックスで通勤してるハレ太郎ですw(←ナゼ?)



大人のバイク雑誌、MOTONAVI誌、最新号。

MOTONAVI201310




これは買わないわけにはいかんでしょう。
旅の余韻に浸りながら読んでます。

あの頃を知るバイク乗りは是非、ご購入を。

そんなわけで最近の通勤のお供は、季節がらここらへん。
夏_片岡義男


で、BGMはコレw
単車
LP:単車!ワインディング・ロードのヒーローたち(1979)

またまた片岡義男熱、再燃ですな…。




閑話休題

感動の「2013年夏 約束の地への旅 ~I can still fly !~」北海道ツーリングを終え、
もうすぐ2週間が過ぎようとしております。
遙か昔のような気もしますが、つい昨日のような気もします。
そして、やっと疲れが取れたような気がしております。←ジジイか?w
なかなか社会復帰もできておりません。
ヨロヨロしております。

なぜなら…























右足小指を骨折してるから(爆!)

骨折!




革靴履けずに、クロックスで通勤してますww

え~、なんとも恥ずかしい話ではありますが、北海道に向かった初日。
高速乗る前に右足を痛めまして…
なんだか痛いなぁと思いつつも、感動の北海道ツーリングを終えたわけです。

で、帰ってきてからもいつまで経っても痛くて腫れが引けないので、医者に行ったところ、
医者曰く、


「君、これ折れてるよ。よく我慢してたね。」

「・・・・・」

27年前の北海道初ツーリングの際も、事故って記憶喪失&骨折(左足&肋骨)してます。
北海道に単車で渡った3回中、2回は骨折していることになりますw
北海道、なぜか骨折づいてますw
アホですな…。

憧れの北海道、青春の北海道、なかなか簡単には行けません。
行って帰ってくるには文字通り、



「骨が折れます」www



お後がよろしいようで。

スポンサーサイト

旅を終えて 

26年ぶりの約束の地への旅を終えた。
全走行3354km。
大きなトラブルもなくショベルは走りきった。

思い出の地への再訪、思い出の人との再会、仲間との再会。そして新たな出会い。
あの道、あの空、あの丘、あの草原、そしてあの人たち…
そのどれもが、僕に計り知れないパワーを与えてくれた。
そして、数え切れないほど泣いた。
涙が流れたw
心に燃料タンクがあるとしたら、きっとそれは満タンを通り越して、涙となって溢れ出たものだろう。

天候には少々恵まれなかったが、それもまた自然の姿。
文句は言うまい。
これからもまだまだ走り続けたい。走り続ける。
そして、またあの地を訪れたい。

「北の大地はいつまでも変わらずオレを待っててくれる。そうだよ、約束するよ。また来るぜ!」

気づけば26年前と同じ言葉をつぶやいていた。


I can still fly.
Keep on RIDIN'!



望岳台付近

2013白金キャンプ看板

2013白金キャンプ集合写真

美瑛1

美瑛2

美瑛3

美瑛4

美瑛5

北竜のひまわり畑

青春の吉里吉里

オロロン1

オロロン2

オロロン3

オロロン4

ノシャップ岬と利尻富士

稚内丘陵1

稚内丘陵2遠くにサハリン

宗谷岬

エサヌカ線

オレの目の前を横断したエゾシカ

捕獲現場w

ふくろうさんとFXB

たっきぃとZ2

FXB & Z2

五鹿山キャンプ場

シカ注意

中標津の道

青春の開陽台

青春の北19号

ナイタイにてSID君と




この旅で出会った人たち、お世話になった人たちに感謝します!
本当にありがとうございました!
また、会いましょ-!



PS.右足、ちと痛いwww

約束の地 

1986年夏、初めての北海道ツーリング。登別で事故って記憶喪失、入院w
1987年夏、日本2/3周(中途半端)ツーリング。車検切れで終了w

いつでも自由にどこへでも旅立てたあの頃…。
あれから早26年の月日が経ってしまった。

気ままな学生生活に終止符を打ち、故郷を離れて就職、結婚、家庭を持って…。
すねかじりの馬鹿息子も父親になってしまった。
知らぬ間に仕事もそれなりに責任ある立場になってしまった。
都会で慌ただしい毎日を過ごす中で、毎年、この季節になると旅立ちたい衝動に駆られるのは、なぜだろう?

きっと、あの頃の自分がいまだに心の中で叫ぶからだ。

26年前の旅の途中、心のつぶやきを書き留めたメモ帳が、今も手元にある。
昭和62年、その年の北海道は雨続きの夏だった。
雨に濡れ、波打ってる古いメモ帳。
そこには、北海道を離れるフェリーの中で書いたこんな一節が。

「来年の夏は就職試験で流石に来れないな。
今度はいつ来れるか分からないけど、北の大地はいつまでも変わらずオレを待っていてくれる。
そうだよ、その時まで待っててくれよな。約束するよ、また来るぜぇー!!」

脳天気なあの頃の自分との約束、やっと守れそうだ。
いろんなしがらみや背負っているものの重さを感じながらも、この夏、約束の地に旅立つ。

簡単に行けそうで、なかなか行けなかった北海道。
あの道、あの空、あの草原、あの空気、そしてあの人たち…。
オレにとって北海道は、特別で、神聖で、神々しく輝いていて、憧れで、そして… 青春の地なのだ!

すっかり親父になった今、どんな出会いがあるのだろう。
何を感じ、何を見つけ、そして、今の自分がどう変われるのだろう…。


いや、そんな簡単に変わんねぇーよwwww


なにはともあれ、
「待たせたな。さあ、行くぜ、北海道!」


6thノースランドラリー
第6回ノースランドラリー
当時のマブダチw、宇崎竜童さんと。


三国峠
まだ舗装されていなかった三国峠


旭川バイク村
旭川バイク村


Let the Good Times Roll, Summer of 2013.
I can still fly !!




Harley-Davidson Webring
[前へ]  [一覧]  [ランダム]  [次へ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。