夏の終わり 

「いったいどこまで旅をするの?」
という彼女の質問を受けとめながら、僕は彼女の足もとを見ていた。
細いヒールのある、淡くきれいなブルーの、夏のサンダル。
かたちのいい脚ですっきりと軽やかに、僕のオートバイのかたわらに立っていた。
夏の日の午後の陽ざしを斜めに受けとめていた。
ヒールの影が歩道の上に早くも長くなっていた。
僕はせかされた。
切迫した気持ちとなった。
早くここを離れないと、夏はどこかへいってしまう。
「どこまでいくつもりなの?」
少しだけ言葉を変えた彼女の質問に、
「夏が終わるところまで」
と、僕は答えた。


あの夏が終わるわけない / 片岡義男(2007)



台風が過ぎて、急に涼しくなりました。
四丁目の夕日1

四丁目の夕日2富士山


2013年夏。
忘れられない夏も終わろうとしています。


今宵は十五夜。
中秋の名月です。
十五夜お月さん


今年の夏、いい思い出できましたか?



夏の終わり / キャロル(1974)




コメント

いいね~
ハレさん、今年の夏は最高だったようで。

☆南房総兄貴
キャロルへの反応、ありがとうございますw
今年の夏は忘れられぬ夏となりました。
なんつっても骨折もしたし…w

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haletaro.blog40.fc2.com/tb.php/733-69abc3fb

Harley-Davidson Webring
[前へ]  [一覧]  [ランダム]  [次へ]